大腸がんの疑いがあるなら早めに検査しよう~自覚症状が少ないがん~

検査知ろう

女性

検査が人気です

大腸がんとは、主に大腸の中でもS状結腸や直腸という肛門部に近いところに好発する癌です。症状が貧血や便秘など他の疾患でも見られるものなので、患者本人が癌を疑うことがあまりなく、自覚のないまま進行してしまうことが多い癌です。そのため、健康意識が高い人を中心に、大腸がんの検査が人気となっています。大腸がんの検査は便潜血検査や腫瘍マーカーを調べる血液検査、大腸内視鏡検査があります。ただ腫瘍マーカーは、必ずしも癌があるからといって上昇するものではなく、定期的に検査して初めて診断に使えるデータになります。一番確実性が高いと言われるのは大腸内視鏡検査です。医師が直接内視鏡下に大腸がんを観察し、細胞検査によって診断します。

下剤を大量に使います

大腸がんの検査のなかでは大腸内視鏡検査が非常に効果的です。この検査を受けるには事前に様々な準備が必要になります。大腸を検査するには、大腸の中の便を取り除くことが必要です。これを実現するために、患者は検査の前夜から食事を中止して、変わりに下剤を使用する必要があります。また検査当日も、朝から病院に行き下剤を大量に飲むことになります。下剤を大量に飲む必要があるため、嘔吐を予防する薬を内服して飲むことになります。何度も排便することになりますが、その都度、看護師に便の状態を確認してもらい、便の色が極めて薄くなるまでこれを続けます。検査が始まると麻酔が使用され、体を動かせないようにして検査が始まります。麻酔がしばらく残るため、検査後もすぐに自動車などを運転して帰ることはできません。そのため、通院の際には公共交通機関を利用する、もしくは麻酔が抜けるまでの時間に別の用事を入れるなど、対応を考えておくとよいでしょう。

胃痛の時には

病院

胃痛がある場合には早めに内科を受診してください。新宿には複数の内科があります。すでに通院している人を知っているのであれば、その人の意見を聞いて病院の評判を探ってみましょう。インターネットの口コミも参考にしましょう。

Read More...

膠原病の正確な診断

看護師

免疫沈降の検査によって免疫治療の幅はより広がっていきます。ただ、この検査は専門性が高く、どこの医療機関でも気軽に受けられるというものではありません。免疫疾患が危惧される患者の場合であれば特に、病院選びの段階から注意しておくことをオススメします。

Read More...

知ってますか脳の癌

医者

脳腫瘍の誘因にストレスがある。メンタルヘルス活動がより活発になれば、脳腫瘍患者の増加率の幅が小さくなる可能性がある。脳腫瘍は比較的生存率の高い腫瘍である。検査では放射性同位体を使ったSPECTなどが、癌を見つけるために有効である。

Read More...