大腸がんの疑いがあるなら早めに検査しよう~自覚症状が少ないがん~

知ってますか脳の癌

医者

ストレスが関係します

脳腫瘍の原因はよく分かっていません。遺伝的な要因が疑われていますが、詳細は不明です。分かっているのは脳腫瘍の誘因で、ストレスや喫煙などが関与しているとされています。近年、喫煙者数は減少しています。一方でストレスは増加しており、企業に対してストレスチェック義務が課されるまでになり社会問題となっています。このような状況の中で脳腫瘍の患者は増加しています。今後、企業がメンタルヘルス活動により力を入れ始めれば、脳腫瘍患者の増加率の幅が小さくなる可能性があります。脳腫瘍の治療は手術が多く、脳神経外科にて行われます。近年、脳神経外科の医師は減少しています。そのため、今後は地方を中心に脳腫瘍の手術が受けづらくなる可能性があります。

放射性同位体を使います

脳腫瘍は生存率が比較的他の腫瘍と比べて高い疾患です。これは脳梗塞が悪性の腫瘍より、良性の腫瘍の方が多いことが関係しています。脳梗塞の中で悪性で頻度が高いのは神経膠芽腫で、全体の25%がこの疾患です。脳腫瘍の検査には、CTやMRIが主に使われます。これらにより脳腫瘍が疑われる場合には、SPECTやPETにより脳のどの部位に腫瘍があるか調べます。SPECTやPETは比較的新しい検査方法で、癌細胞に集まる性質の放射性同位体を体内に流し、それが癌細胞に集まった頃合いで画像化します。治療は手術による方法が中心ですが、進行している場合には放射線療法と化学療法が選択されます。手術と化学療法などを同時に行う場合もあります。